メタボ対策は食事の見直しと適度な運動が大切

 

あなたは、健康診断でメタボリックシンドロームと判定されていませんか?かつては成人病と言われていた生活習慣病は、様々な病気が原因となって発症するものです。この病で命を落とす日本人は3分の2にのぼるほど危険視されていますが、その原因の中でも代表的なものであるのが、近年よく耳にするようになったメタボリックシンドロームです。

 

国内では、2008年からメタボリック健診が義務化されたことで、現在とても注目されている言葉ですよね。それほど健診は重要なものであって、国全体でメタボ対策を行なうよう強く指導しています。と言っても、この健診の結果を軽視しているだけでなく、メタボ対策の必要性を理解していない場合がほとんどなのが現状のようです。

 

そこで、こちらではそもそもこの言葉がどういう事を表すのか、またメタボ対策としてどう対処したら良いのかについて、メタボ対策をたくさんご紹介しているのでぜひご覧下さい。現在、健診で判定されていなくても、これからの生活において予防にもなるので、ぜひチェックしてみて下さい。

 

さて、「死の四重奏」や「内臓脂肪型肥満」と呼ばれる事もある内臓脂肪型肥満ですが、簡単に表すと太っている人の事を表します。ただし、単に肥満状態であるだけでは意味合いが曖昧なので、分かりやすく基準をもうけたとされています。それは、腹囲が男性で85cm以上、女性では90cm以上です。

 

これは、内臓脂肪の蓄積によって起こる病気のリスクが高い事が研究結果として表れた為、病気予防の意味を込めて検討されたものです。その為、基準となる数値についての医学的根拠はありません。また、腹囲だけでなく、その他にも空腹時高血糖や血圧の数値も考慮したものなので、腹囲だけで判定していないという事を覚えておいて下さい。

 

というのも、メタボリック症候群は自覚症状がほとんど無いために、こうした基準をもうける事でメタボ対策をしてもらおうという目的があります。そのメタボ対策とは、普段の食事を見直す事や運動を取り入れることで簡単に予防改善できるものなので、メタボ対策をすぐにでも行なうよう勧められています。食事改善や運動を行なうことは、全く難しい事ではないですよね。

 

むしろ、生活習慣病になってしまうと完治が難しいので、そうなる前にメタボ対策を行なうよう国全体で強く指導しています。自分の身体を守るためにも、メタボ対策を始める事は大事ですからね。こちらでは、あらゆるメタボ対策を分かりやすく掲載しています。あなたに合ったメタボ対策を見つけてみて下さい。

 

中でも一番効果的なメタボ対策は、食事内容を見直す事です。昔に比べて現代の食事は欧米化が進んでいる為に、脂っこい食事を好む方が増えてきましたよね。また、仕事の多忙さから外食が増えたり、ファーストフードやコンビニ弁当などで簡単に食事を済ませる傾向にあるので、特に食事には注意して欲しいところです。

 

それから、運動不足の方も増えているようですね。脂肪は運動によって燃焼されるものなので、現在全く運動をしていない場合には、メタボ対策として出来る限り運動を取り入れて下さい。その際はウォーキング等の有酸素運動がお勧めです。この程度の運動なら誰でも簡単に出来ますよね。その他、メタボ対策としてグッズも多く販売されていますよ。

 

グッズの中でも人気なのは、コーヒーやお茶ダイエットと呼ばれるグッズや、運動の際に使用するダイエットグッズですね。と言っても、メタボ対策としてのダイエットはあくまでも内臓脂肪を減らす事なので、一般的なダイエットとは違います。ですが、使用するグッズについてはほとんど変わらないので、グッズを活用する上での意識として理解しておいて下さいね。様々な方法でメタボ対策が行なえるので、あなたもぜひ今日からメタボ対策を始めていきましょう。それではごゆっくりご覧下さいませ…

 

メタボとは?


あなたは、メタボリック症候群でお困りではないですか?

 

現在では、この言葉を知らない人はいないと思います。

しかし、具体的にどのような状態のことを言うのかについては、明確に知っている人は少ないのではないでしょうか。

 

※メタボ=メタボリックシンドロームと言います。

 

そこで今回は、この事について詳しく説明していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

まず、先ほども言いましたが、正確にはメタボリックシンドロームと言います。

 

簡単に言えば太っている人のことを指します。

 

ですが、それだけではどの程度なら良いのか分からないという事で、国内では基準検討委員会の検討結果で次の指標を使用することになっています。

 

■腹囲が男性で85cm以上の方

 

■腹囲が女性で90cm以上の方

 

この数値に該当する方をメタボリックシンドロームと表現しています。

 

これは、それまでの考え方と大きく異なっています。

 

それは何故かと言うと、これには内臓脂肪の蓄積が重要な役割を担っていることが分かってきたからです。

 

このような考え方は日本だけでなく、世界的な傾向と言っていいでしょう。

 

男性で腹囲が85cmを越えている場合、腹部CT画像で内臓脂肪を測定すると断面積100平方センチに相当すると考えられています。

 

また、腹囲の他に、高トリグリセライド血症が150mg/dL以上、または低HDLコレステロール血症が40mg/dL以下の方も該当します。

 

※血圧では高い方が130以上、低い方が85以上の方が該当します。

 

※空腹時高血糖が110mg/dL以上の方も該当します。

 

国内では、2001年から定期健康診断で要注意と判定された場合には、特定保健士指導の費用や二次検診が労災保険から賄われることになっています。

 

この制度は世界にはない制度です。

 

生活習慣病の予防改善を、社会全体で実施しようと考えていることの表れと言えますね。

 

あなたも該当しているのであれば、メタボ対策をしっかりと考えておかなければいけませんよ。

 

基準について


動脈硬化などによる病気の危険が高まる症状を、メタボリックシンドロームと呼びます。

 

これは統一的な概念にしようと考えられました。

そもそも、あなたは基準について知っていますか?

 

では、どのような状態をメタボリックシンドロームと呼んでいるのでしょうか。

 

その基準については次のようになっています。
(以下参照)

 

<基準について>
■男性の場合、腹囲が85cm以上の人

 

■女性の場合、腹囲が90cm以上の人

 

※腹囲の数字が妥当であるかどうかについては、調査の結果から科学的な根拠は明らかになっていません。

 

しかし、腹囲が大きくなるに従い、生活習慣病の危険性が高まることは分かっています。

 

これは間違いないですね。

 

それから、下記の3項目のうち2項目以上が該当する人も判断されます。

 

・血清脂質異常
・血圧高値
・高血糖

 

※この基準は、国内の医学界の会議で決められています。

 

<医学界について>
・日本肥満学会
・日本動脈硬化学会
・日本糖尿病学会
・日本高血圧学会
・日本循環器学会
・日本腎臓病学会
・日本血栓止血学会
・日本内科学会

 

合計8つになります。

 

※国内の医師の総意の下に決められたものです。

 

※もちろんこれが完ぺきな基準ではないとも言えるので気をつけましょう。

 

と言っても、現時点では最善の基準とも言えます。

 

また、基準がない場合は、それを判断する医師の裁量によってバラつきが出てくることが考えられます。

 

そのような問題を発生させない為にも、基準が必要だったとも言えますね。

 

これらの基準に従って、現在では判断がなされています。

 

もしも判断された場合には、メタボ対策として生活習慣を改善するよう言われると思います。

 

それには指導が行われます。

 

しかし、自らの意思で改善しようとしない限りは対処にはなりませんよ。

 

誰かがずっとあなたを監視することは出来ないですからね。

メタボ対策に良い運動方法や食事の献立は?

ダイエットには有酸素運動が良いといいますが、有酸素と無酸素の境目というか、区別ができません。

普通、息は上がるけれど、汗をかくほどではないというのが見分け方のようです。

でも、発汗の仕方は気候によっても変わりますよね。

もっとはっきりとした区別の仕方がわかるとダイエットしたいと思います。

以前、炭水化物を切り詰める手法で減量を試みたことがあります。

よく噛むことで、満足度をあげようとしましたが、辛かったです。

邦人なので、時には、ガツンと白いごはんを恋しく思います。

なので、今現在は、夜は炭水化物の飲食を控えるけれど、朝食と昼食はごく普通に摂ることにしています。

ダイエットが続かないときには、減量に成功した方の体験談を参考にしてみると良いでしょう。

インターネットなどで見かける記事などは信頼がおけないと思うので、チャンスがあるのならば友だちや家族などの体験談を直接聞いてみることをお勧めします。

成功した実体験に触れることでがんばろうという気が起きます。

成功したといえるダイエットをするためにはエアロビクスプログラムが欠かせません。

有酸素エクセサイズにより体内の残存している脂肪が火がついたように燃えていくので、気になる部分のサイズを小さくする事ができます。

中には、厳しい筋肉トレーニングをやっている人もいますが、こういったのは辛くて長続きしない場合も珍しくないでしょう。

ついご飯の前にお菓子を食べてしまうことが多くて治さないといけないと思っている方はお菓子の代わりにスムージーを飲んでみてはいかがでしょう。

自分の好きな食材でスムージーをミキサーにかけることでも作れますし、ネットやお店でスムージーを買うこともできるでしょう。

おやつや食事の代わりとしてスムージーを飲むことで、痩せる効果が上がるんです。

スムージーを噛んで飲むともっと効果が出ますよ。

ダイエットに効率的な運動といえば、エクササイズです。

ダイエットを貫徹させるためには、使ったカロリーが取ったカロリーを上回ることが大切なので使ったカロリーが多いジョギングや有酸素運動やサイクリングなどの運動がおすすめです。

又、身体をシェイプアップしてメリハリのあるボディーラインを作出するためには筋トレもおすすめします。

体重を減らそうと思っても継続して走ったりウォーキングしたりするのははっきり言って面倒な気持ちが感じられますよね。

そこでわたしが、一押ししたいのが室内での酸素を取り込む有酸素運動です。

ラジオ体操も効果的な有酸素運動なので、軽い感じの服装で少し過激に体を動かし体操をすると、しっかりカロリーも消費されます。

もはや20年ほど前になるでしょうか。

当時流行した海外製の減量効果のあるサプリを挑戦してみたことがありました。

飲んでし暫時すると、胸がドキドキしたり、呼吸が荒くなってきました。

ききめがあると思えばいいのか、体に適さないのかわからず、恐れを感じたので、たった一本で飲むのを中止することにしました。

体重も結局は何も変化しませんでした。

体重を落としていると自分自身に厳しい食事制限を設けてしまう人もおりますが断食などの無茶な減量は、絶対、やらない方がいいです。

食事制限をやっていても胃がカラになってしまったら無理をせずに召しあがってください。

その時は低いカロリーの物をたべるようにすれば体重が急増したり、することもございません。

痩せるにはまずはあまり無理をしないことです。

食事制限をするダイエットは確実に痩せますが、悪影響もあるのです。

私の場合は生理に影響が出てきてしまいました。

排卵が止まり、婦人科で薬を処方してもらって治しました。

こういうことになる場合もありますから、あまり無理をしすぎると長続きしないし、危険だと思います。

実際、日常生活で歩く時にお尻に力を入れて大股であるくだけでも違いが出てきます。

減量を目指すには筋肉を付けて基礎代謝をあげて燃えやすい状態にする事が重要です。

どんな筋トレがなくてはならないのでしょうか?有酸素運動が効力がありますが、そればかり続けすぎると、逆に筋肉が増えにくいと言われています。

軽度の有酸素運動の後に筋トレを実施し、最後にまた軽く走ったりするのが効果が表れやすいようです。

有酸素運動は短くても20分は運動しないと結果がでないとされてきましたが、今はノンストップで行わなくても20分より長く運動していてば効能があるといわれています。

その他、筋力トレーニングの類のほとんどは筋肉内のグリコーゲンでエネルギーを生み出す運動ですが、呼吸をする運動、呼吸を詰める運動を交互に行うことで効果をよりアップさせることが、良い結果を生むはずです。

ダイエットで人気のある有酸素運動は、とても効果的な心拍数を自分自身で把握することで自分の自身を効率よくエネルギーを燃焼して、脂肪の燃焼を高めることが出来るのです。

長時間継続して体を動かすほど痩せられるという訳ではなくて、激しい運動になってしまうと筋肉に酸素が十分に行き渡らず、逆効果とも言えるのです。

ダイエットして健康的に体重を落としたい場合には、有酸素運動を続けるのが有効です。

これは泳ぐ、歩く、軽く走るといった運動についてです。

栄養面で考慮するのはプロテインなどの、いわゆる良質なタンパク質を体に与えることです。

脂肪を燃焼させるためにはタンパク質がなくてはならないのです。

本格的な複式呼吸を覚えれば、基礎代謝を上げられると巷ではウワサされています。

おろし生姜を入れたお湯を飲んだり、身体をほぐすストレッチ体操をしたり、上半身だけゆっくりとお湯につかったり、代謝を上げるのも努力がいると思っていた矢先だったので、まずは呼吸法を習得して、いつでも手軽に代謝を上げたいと頑張っています。